私たちが2007年に脱会したアレフでは、私たちの脱会後に、麻原信仰が先鋭化し、オウム事件を、「教団の犯行ではなく闇の勢力の陰謀」として、偏った情報で麻原を神格化する、といった洗脳的な布教・教化活動が続いています

 私たちは、その洗脳教化の体験者・被害者の方の脱却の支援をしており、その相談窓口を広報部サイトに設置しています。
 そして、私達は、自分たち自身が、その洗脳教化から脱却した経験を活かし、これまでに、数十名の方のお手伝いをしてきました。


 この件でお悩みの方、もしくは、そういった被害に遭われている方をどうにかしたいと思われている方、ぜひとも、お気軽にサイト右上の「お問い合わせ」もしくはkoho@hikarinowa.netまでご相談下さい。
 なお、ひかりの輪に入会しなければならないということはありませんので、ご安心ください。

 すでにお知らせの通り、当団体では、松本サリン事件被害者の河野義行氏などの方々を外部監査人にお迎えして、外部監査制度を発足させていますが、昨日(2012年1月22日)は、河野氏ら3名の監査人が、初めて当団体本部に立ち入り、監査を実施されました。

※共同通信配信動画
「河野さんが初の監査 ひかりの輪施設に立ち入り」

 河野氏らは、上祐代表や他の会員との面談による聞き取り調査や、居住スペースを含む施設全部への立ち入り、当日行われた上祐代表説法会の視察を行われました。

 また、河野氏からは、ご自身が遭われた被害の実態についてのお話もありました。

 河野氏は、監査終了後、マスコミ各社の取材に応じて、感想を述べていらっしゃいました。

 当団体広報部からは、「外部監査人を引き受けていただいた河野氏をはじめとする外部監査委員の皆様を裏切ることなく、償いを深めていける団体にしていきたいと思います」とのコメントを発表しました。