参考資料室

このコーナーについて

このコーナーについて

 この「参考資料室」のコーナーは、オウム真理教を反省・総括し、オウムの教訓を残していく上で、有益な資料をご紹介するコーナーです。
 特に、これまで「ひかりの輪」の団体を挙げて、オウムの総括を行った過程で、参考になった書籍などを中心に、ご紹介します。
 

麻原彰晃

『麻原彰晃の誕生』 高山文彦

birth_a.jpg『麻原彰晃の誕生』 高山文彦
文藝春秋 (2006/2/20)

 「BOOK」データベースより
数々の犯罪を生んだオウム真理教。
その教祖・麻原彰晃に宿った「狂気」の本質とは何か?
熊本時代の言動、上京後の逮捕、宗教団体への執着...
徹底取材でさびしい怪物の核心に迫る 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この書籍は、当サイト上の文書、『心理学的な視点に基づく、麻原・弟子・現代社会の人格分析』を行った際、たいへん参考になりました。

 著者であるジャーナリストの高山文彦氏が、麻原の盲学校の教師などから、当時の麻原の言動などのエピソードなどを調査したもので、幼少期から解決されなかった心の問題が、麻原をオウム真理教の教祖へと駆り立て、しまいには一連の事件を起こすことへとつながっていったことや、家族や社会への激しい不満、怒り、恨みなどから、親や社会に対する復讐としてオウム事件を起こすに至った可能性を示唆する内容です。

 元オウム信者にとっては、かつて「神の化身」とまで仰いだ麻原が、自分たちと何ら変わらない「人間」であることを知る意味でも、盲信から脱却するために役立ちました。
◎以下本文(p.24)より抜粋
 けれども(松本)智津夫から見たとき、盲学校への転校の事情はかなりちがってくる。のちに「彰晃」という名をさずけてもらうことになる社団法人「社会総合解析協会」会長の西山祥雲に、27歳の智津夫は赤裸々にそのころのことを打ち明けている。

「親父はその子と親のいる前で、私をぶん殴りましたよ。人まえで殴られたことが、悔しくてたまりませんでした。おふくろは、恥ずかしくてもう表を歩けん、と叫ぶし、親父は親父で、こいつ捨ててしまおうか、いや捨てるわけにはいかんだろうからどっかにあずけようか、と怒鳴っていました。兄は私より、もっと目が悪いんです。兄が盲学校に行くのはわかります。どうして目の見える私を盲学校にいれなきゃならないんですか。私は親に捨てられたんですよ。(以上麻原自身の言葉)

 親への恨みつらみを述べたてながら、最後には涙を浮かべていた。幼児期に刻印された傷は、大人になっても消えるどころか増幅されていったようだ。自分のしでかしたことについては蓋をしたまま、傷つけられた悔しさばかりが智津夫の胸を蝕んでいる。

 智津夫が西山祥雲に話したことは、それだけではない。
「スイカなんか盗んでいないのに、親父は私をスイカ泥棒だと決めつけたことがありました。おまえがやったんだと言われて、こてんぱんに殴られたあげく、もうおまえはこの家には置いとけん、どこかにあずけるしかないと言われたんです。そうやって私を家から追い出す理由を、親父はつくっていったんですよ」

 智津夫の話の内容が事実なのかどうか、そのまま信じるわけにはいかないが、ひとつだけはっきり言えることは、幼くして親に捨てられたという意識を強く懐いたということである。

心理学

『河合隼雄著作集11 ー 日本人と日本社会のゆくえ 』

kawai11.jpg『河合隼雄著作集11 ー 日本人と日本社会のゆくえ 』
岩波書店 (1994/10)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(コメント文章準備中)

元オウム信者

『私にとってオウムとは何だったのか』 早川紀代秀・川村邦光

aboutamutome_.jpg
『私にとってオウムとは何だったのか』 早川紀代秀・川村邦光
ポプラ社 (2005/03)

内容(「BOOK」データベースより)
本書では、教団幹部として様々な事件に関わった早川紀代秀被告が、幼い頃の生い立ちから自らを振り返り、麻原彰晃とオウム真理教との関係を、慙愧の念を持ってとらえ返している。また宗教学者・川村邦光は、日本宗教史から宗教弾圧と宗教的テロリズムを概観し、オウム真理教およびその事件を、早川被告に焦点を絞って論じている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(コメント文章準備中)

チベット密教

『宇宙のダルマ』 ダライラマ十四世

utyunodaruma.jpg『宇宙のダルマ』 ダライラマ十四世
角川書店 (1996/11)

内容(「BOOK」データベースより) 本書の中でダライ・ラマ猊下は、四聖諦から無上ヨーガタントラにいたるチベット仏教の修行全体のエッセンスについて、いつものように広大な慈悲と責任の修 行を強調しながら、わかりやすく、一貫した説明を行っています。一瞬一瞬、覚醒と自覚を保ちながら、自分の態度、行動、動機に絶えず目を向け、自分自身の 心のはたらきを吟味し、自分の中にポジティヴな変化を起こす可能性を完全に探索する作業に専念するように、猊下は、私たちに呼びかけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(コメント文章準備中)

仏教

『ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経』 中村元訳

buddhasaigonotabi.gif『ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経』 中村元訳

内容(「BOOK」データベースより)
原始仏典の中にはブッダの生涯はほとんど記されていない。だが彼の死は、信徒にとって永久に忘れえぬ出来事だった。パーリ語本『大パリニッバーナ経』の中 に、ブッダの死とその前後の事件が詠歎をこめて語られている。本書はこのパーリ語本を底本とし、サンスクリット本、漢訳本を参照して邦訳。巻末に周到詳細 な注を付した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(コメント文章準備中)

チベット密教

『ダライ・ラマの密教入門--秘密の時輪タントラ潅頂を公開する』 ダライ・ラマ14世テンジン・ギャムツォ

mikkyou.jpg 『ダライ・ラマの密教入門--秘密の時輪タントラ潅頂を公開する』 
ダライ・ラマ14世テンジン・ギャムツォ

光文社 (1995/12)

内容(「MARC」データベースより)
インド密教最後の華である「カーラチャクラ・タントラ」。この密教経典をもとに、「他のもののために悟りを目指す心」と「空を認識する意識」の2つの心を説く。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(コメント文章準備中)