参考資料室

元オウム信者

『私にとってオウムとは何だったのか』 早川紀代秀・川村邦光

aboutamutome_.jpg
『私にとってオウムとは何だったのか』 早川紀代秀・川村邦光
ポプラ社 (2005/03)

内容(「BOOK」データベースより)
本書では、教団幹部として様々な事件に関わった早川紀代秀被告が、幼い頃の生い立ちから自らを振り返り、麻原彰晃とオウム真理教との関係を、慙愧の念を持ってとらえ返している。また宗教学者・川村邦光は、日本宗教史から宗教弾圧と宗教的テロリズムを概観し、オウム真理教およびその事件を、早川被告に焦点を絞って論じている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(コメント文章準備中)